高校生の頃から現在に至るまで、接し方は変わりましたがずっとバンドをしておりまして。
若い頃は割と生活を投げ打ってライブに勤しんでいた時期もありましたが、ここ最近は割と真面目に働きながら土日を利用してバンド活動をしています。

現在やっているATATAというバンドは、メンバー全員サラリーマン、かつ職場ではそこそこ責任あるポジションについているメンバーもいたり、家族持ち・妻子持ちも中にはいたりと、どうしたって時間がないわけです。 年齢もまあいい歳だし、なかなかバンドに全力で時間を割くのは難しい状況。

そんな中、サラリーマンおじさんバンドATATAがいかにしてバンド運営を回しているのか。実際に使っている効率化ツールやサービスをご紹介していきます。働きながらバンドをやるウィークエンダーの皆さんにとって、少しでも良い情報になれば幸いです。

 

バンド運営にまつわるエトセトラ

バンド運営(この言い方はあんまり好きじゃないんですけどね)って意外と色んな所で時間を食うものなのです。

例えば、

  • 誘われたライブの日程調整
  • 各種精算など経理作業
  • スタジオ日程調整
  • 曲作り
  • レコーディング
  • ツアースケジュール
  • メール予約返信、管理
  • 物販、チラシ、ジャケなどのデザイン
  • 企画などの詳細調整
  • ブログ、SNSでの発信
  • ナベさん(ボーカルの暴走機関車おじさん)が思いついたアイデアの処理

とか。なんとなく思いついたところでこんな感じだから、多分まだまだ細かいのは相当あるはず。

サラリーマンおじさんバンドとしてはそこそこライブの本数も多いし(去年はひと月に7本とかの月もあった)、先述の家庭的な事情や仕事の兼ね合いもある中でこのバンドタスクを回していく為には、色んな事を最低限効率化していかないと回らないわけです。まあATATAの場合はそれだけではなくて、メンバー内で上手いこと役割分担もしていますが。

とりわけ情報共有の部分では技術革新の恩恵に与っているので、10年前なら崩壊していたようなバンド活動が成り立っているわけで。そのあたりを中心に紹介していきますね。

 

メンバー間でのコミュニケーション

Facebook Messenger

10年前は何で連絡とってたかな。2007年、グループMMS?のような気がする。さらに10年前の1997年は?と考えるとまじで思い出せん。ポケベルだったかな…。
今ではLINE、Facebook Messengerでグループチャット作ってコミュニケーション取るバンドも多いとは思いますが、ATATAはMessenger 派です。チャットワークとかslackでやってるバンドもいるのかな。Microsoft Teamsとかもいいかも。

結成したのが2010年なのですが、割と初期からBelugaというグループメッセージサービスをバンドで使っていまして、そのBelugaがFacebookに買収されてその流れでそのままFacebook Messangerを使っています。

ATATAではメンバーだけとか、エンジニアのあそうちゃん(ライブで爆音を出す人、レコーディングもしてくれてる)も込みとか、ライブの制作とやツアーマネージャーをやってくれる前田さん込みとか、他にも粒度が大きめな案件単位でグループを作っている感じ。

純粋に音源だけを共有するようなグループもある、が、本来情報が流れていってしまうから別グループにしたのに、普通にみんなコメントするからあんまり意味を成してないという。。。

まあ問題もありつつ、とにかくほとんどの情報共有やコミュニケーションはメッセンジャーで完結させてる感じです。なのでよく膨大な量の未読があったりするんですが、だいたいはキーボード岩田のふざけた顔写真とかエロ写真が延々垂れ流されたり、岩田と鳥居でカスみたいな話しをしているだけです。

と同時に、喧々諤々な議論もメッセンジャーでやってしまったりするのですが、やっぱり顔が見えないと誤解を産んでしまうので、白熱してきたら「練習の時に顔合わせてにしましょう」と、誰からともなく発信されるようになりました。

議論を産む話に関しては出来るだけ顔見て話をした方がバンド仲はうまくいくと思いますね、やっぱり。タイピングした文字だとどうしても感情が見えにくいから、真意が伝わりにくいじゃん。これは会社とかでも同じだと思うけど。

 

スケジュール共有

Google カレンダー(アカウント共有)

予想以上にコミュニケーションの話が長くなってしまったので、ここからはタイトな感じで。

使っている方が多いとは思いますがスケジュール共有はGoogle カレンダー。会社によってはGoogle Appsなどでカレンダー、メールもGoogleでというところも多いのではないでしょうか。もちろん個人的にもプライベートで使ってますが、ATATAはATATAで別のスケジュールアカウントを使ってます。なのでメンバー全員複数アカウントを入れている状態。ライブ予定やスタジオ予定を入れて同期している感じです。

が、最近同期されねえ!という苦情がメンバーの一部からでていて謎。だいたいアカウント削除して同期しなおせば解決するんですけどね。

たまに金田さんのプライベートの予定が入っていてドキドキしてる(●●さん結婚式、とか)。

 

損益計算とかファイル管理とか

Google スプレッドシート

バンド運営に関わる諸々の経費はスプレッドシートで管理してます。入出金のログ的な感じですね。会計アプリとかWebサービスにした方が楽になりそうな気もするのですが、そこまで出来てません。

このままいくとエクセルでマクロ組んでゴリゴリの関数だらけだけど運用でカバー、みたいな感じになってしまいそうなので、今後はもう少しここを変えたいなあと個人的に思っています。

Google ドキュメント

バンドのアー写(バンドの宣材写真みたいなの)やステージプロット(ギターアンプがどこでどこがボーカルマイクでみたいなセッティング表)、回線表(俺もよくわかってないけど全部で入力回線が何本でこれ使うからみたいなやつ?)、ライブのタイムテーブルなど、あらゆるドキュメント系を突っ込んでます。これもATATAのGoogleアカウントで一括管理してるので、一応メンバー全員がアクセスできて勝手に突っ込める感じです。ライブでアー写とか送る時はGoogle ドキュメントの共有リンクを送れば良いので楽ちんです。

 

決め事とかタスクリスト的なもの

evernote

コミュニケーションはメッセンジャーで行っているのですが、どうしても流れていってしまうので、決めないといけないこととかタスクを、evernoteの共有ノートを作って管理しようとしましたがわりと失敗しています(笑)。あんまりみんな使ってくれていない。次こそはと思いTrelloも導入したのですが、これも大失敗というかまじで惨敗。

最近はネクストアクションでGoogle キープを導入したのですが、これも失敗しそうな匂いがプンプンしています。なので再度evernoteに集約する予定です。

前に使いはじめた時はそんなにポピュラリティー得てなかった時だった気がするけど、今はもう結構みんな使ってるんじゃないか、という説で。

 

物販管理

square

2016年のはじめにミニアルバムをだして全国各地で昼間の無料ツアーを行ったのですが、ライブ自体無料なので交通費や宿泊費などの経費を物販で補わないとまじ悲惨、という状況だったわけです。そこで俺達の兄貴、敏腕デザイナーRyo Matsuura氏にお願いして、超かっこいいアイテム作って売りまくろうと。あまりの出来の良さにとにかく種類を沢山作り(過ぎ)ました

 

ATATA STORE’S #joyatata

Dai Toriiさん(@daitorii)がシェアした投稿 –

 


 

これだけのアイテム数を「洋服屋じゃねえんだから」と突っ込まれるくらい並べてメンバー全員で物販やると、窓口も計算もすべてがカオス。ツアー前のOVER ARM THROWと2マンした新代田FEVERで、かなりのお客さんにご迷惑をおかけしました。この状態でツアー行くのは流石にやばいと思って考えた結果、squareを導入することになったわけです。

使い方も簡単だし、iPadやiPhoneでも使える(Androidでも使えます)、なにより計算がいらないので本当に楽だし、当然デジタルデータなので物販終了後に何がどのくらい売れたのかもすぐに把握できる。ツアーでは使ってなかったけど最近はカード決済も対応。ATATAにとってはもう無くてはならないツールになりました。まじで楽。

実際に使ってるsquareの画面

アカウント作成は無料、月額固定費も無いし、カード決済(使うなら)手数料も3.25%とだいぶ割安だし、本当にバンドマンみんな使ったほうがいいよ!タブレットなくてもスマホでできるしね。今はカードリーダーのキャッシュバックキャンペーンもやってる。俺らまじ損!
スマホやタブレットでカード決済もできるsquare

ちなみに冬だったのでパーカーとかスウェットとか嵩張るもの多いし、マグカップもあるし、そもそもこのツアーから売り出した会場限定のミニアルバムがほぼ写真集の大きさ故に信じられないくらいのダンボールを機材車に詰め込んでツアーした結果、ギターアンプのキャビ(スピーカー)が積めないという失態。

機材<物販の行商スタイルで無料ツアーしたのは多分ATATAしかいないのではないでしょうか。本当に見習わないでください。

 

Google=バンド界でいうところのBOSS説

こうして使ってるサービスを並べてみると、本当にGoogleのサービス使い倒してるなと思いました。もちろんメールもGmail使ってるし。

ギタリストとかベーシストって「エフェクター」という音を変える小さな箱のようなものを足元に並べてニヤニヤしているのですが、とりあえず網羅的になんでもあるのが「BOSS」というメーカーなんですよ。このブログを書いていて、その在り方がなんとなくGoogleに似ているように感じました。

 

さいごに

これまで紹介したツールやサービスはあくまでATATAというバンドで試しながら使って、これらのおかげで効率化出来たかな?という主観的意見です。どのバンドも上記を入れたら効率的になるわけではないと思いますのであしからず。

僕らはメンバーの半分がWeb業界にいて、わりとこういうサービスとかを使う意識的な障壁は低いとは思います。それでもなかなか、すべてのサービスを肯定的に全員が使うわけではなくて。

そこに必然性を感じさせる=わかりやすいメリットを使い手に想像させて、かつ、操作もシンプル、覚えやすい。でなければ継続的には使ってもらえないなと、バンド活動を通じてUXデザインの重要さを改めて感じている次第です。

それぞれの環境で最適なサービスを上手に使いながら、仕事してても家庭があっても、なんとか音楽を続けていけるバンドマン人口が増えることを願っています。

 

(宣伝)
ATATAのsquare実演販売が見たい方はこちらも宜しくお願いします。

 


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Email this to someone